スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Time Machine v0.1のインストール 

PSPのメモリースティックからカスタムファームウェアと公式のファームウェアがリブートできるツール

このTimeMachine により、1.50カーネルが存在しないPSP-2000でもメモリースティックに展開した1.50と3.40の混合ファームの実行によって可能となる。

※必要なもの
Time Machine v0.1
Pandora's Battery

--------------------------------------


1.TimeMachine v0.1 をDLし、解凍。
解凍してできたTIMEMACHINEフォルダをPSPのGAMEにコピーします。

(構造)
ms:0
 ∟PSP
   ∟GAME

FW1.50・FW3.40のEBOOT.PBPを、150.PBP , 340.PBP にリネームして、ms0:(ルートディレクトリ)にいれます。
3.60M33及び 1.50と3.40混合ファームをブートしたい場合は、360.PSAR もms0:/(ルートディレクトリ)にいれます。

PSP上から、TimeMachineを起動します。

2.TimeMachine の起動に必要な専用 IPL を Memory Stickにインストール

黒い画面になったら[Install iplloader on PSP MS boot sector]を選んで「×」ボタンでインストールします。
インストールが終了したら「×」ボタンでメインメニューに戻ります。

仮想ファームウェアをMemory Stickへインストールします。
(例)3.60M33をインストールしたい場合
[Install 3.60 M33 (SLIM)]を選択します。
他のFWのインストールがしたいときも同様に名前に合わせてインストールできます。

以下のボタンを押して電源投入することで各ブートが選択できます。

※電源起動で画面が出てくるわけではないので、ボタン操作とブートの関連を覚えておく必要があります。

×= "/TM/150/ipl.bin"----------仮想Fw1.50 起動(PSP-1000のみ)
○= "/TM/150_340/ipl.bin"-------仮想Fw1.50+3.40 起動(PSP-1000/2000) 
△= "/TM/340OE/ipl.bin"--------仮想Fw340OE 起動(PSP-1000のみ) 
□= "/TM/360M33/ipl.bin"-------仮想Fw360M33 起動(PSP-2000のみ)
↑= "/TM/pandora.bin"Memory Stick にUniversal Unbricker" をインストールした場合のみ
何もボタンを押さずに起動---------通常起動

お疲れ様でした!
スポンサーサイト
[ 2008/03/02 16:31 ] 【PSP】全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Since 2008 2/27
映画賞


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。